ブリッジ取替
Rickenbackerのベースブリッジは一見立派である。
しかし、時代遅れなとこがあり、今の世の中向けでは
無いと思う。
まず、サドルの前側にミュートが付いているが、
全く不必要。変なビビリも起こすので、弦に触れない
ように固定していた。
それから、ブリッジのサドルは微調整が出来ず、
ブリッジ全体で上下させるようになっている。
弦高がうまく調整できないのである。

なんか、いいブリッジ無いもんやろか?
とインターネットなんかで探したところ、
すごいのを見つけてしまった。

東富製作所っていう会社(町工場?)が作ってる
ベースブリッジ「QUATER」
なんと切削ブラス製!!
ブラス好きにはたまらん。即注文してしまった。
1日3個くらいしか製作出来ないらしいので、
納品まで1ヶ月くらい待ったかな?

まず、このブリッジでかい!!重い!!
予想通りで、ニンマリしてしまった。
ええ仕事してますなぁ。

すぐに、取付開始。
以前のブリッジを取外して、
新しいブリッジをビス5点止め。はい終わり。

しかし、以前のミュートのザグリが丸見えや。
穴埋め考えなアカン。

以前ピックガードで使った発泡塩ビの板でプレートを作り
ザグリ部分を目隠しした。まぁ、これでいいやろ。

それで、ブリッジの調整。
このブリッジは、弦高・弦間・オクターブピッチ・テンション
が調整できる優れもの。
弦高を今までより気持ち下げて、
弦と弦の間を18ミリに合わせ、
オクターブを合わせ、
1,4弦にテンションバーを付けて調節。

弾いてみると、ほぉぉぉぉー。
弦が両端でしっかり止まってる感じ、余分な振動が
無くなった。今までは、相当遊びがあったのだろう。
テンションもやや上がって、音の立ち上がりも良く、
リズムに対してきっちり対応出来る感じ。
1ランク上の安心感・信頼感が出てきた。
いいねぇ。これ。
改造でなく、まさしく改善・改良。
もう、これで手を加えるところないかも?