ピックアッププレート製作及び取替
ピックガードを取り替えてるとき、何気なくみたら、
ピックアップの下側を支えているプレートが、
樹脂製であった。
ピックアップを交換したときのことは、すっかり忘れてしまって
いて、思い出してみると ちょっと厚めのモノだったなぁ・・・って感じ。

どうして、こんなとこの部品に樹脂製を使ってるんやろか?
書籍等、資料で調べてみると、
初期のモデルは、このプレートがアルミ製だったことが判明。
その時のピックアップは、バカでかいのがついてたけど・・・

じゃぁ。オレもアルミ製にしよう。
ということで、工作開始。

使用材料は、ホームセンターでも販売している、
厚さ2ミリのアルミの板。

ベース本体からエスカッションを外し、ピックアップを外し、
プレートを取り出す。
ビス穴の位置をしっかり測定する。ピックアップの分も。
アルミの板に、同じような形でアウトラインを引いて、
正確にビス穴の位置を決める。
センタポンチでその中心に印を付ける。
手では、切断してられないので、電動のジグソーで
アウトラインに沿って切っていく。
電動ドリルでずれないように穴あけして、
タップバイスでビスのタップを切って、
ヤスリがけして・・・完成。

あとは、元通り、ピックアップをセットして、出来上がり。
やはり、電動工具の力は偉大じゃ。

それで、音は向上したのか???
ヘッドフォンレベルじゃはっきりと判らないんだよな。
でっかい音出したときどうやろか?
きっと、立ち上がりは良くなってると思う。
そうでなきゃ、困る?